ファームやまねの面々(スタッフ紹介) 自然と文化が交差するまち 米原市 産地直送 伊吹ほたる米
伊吹山 イメージ画像
ファームやまねブログはじめました!

こだわりをもってお米を育てている様子を多くの方に見ていただきたい想いから「ブログ」を開設いたしました。ファームレシピやお客様の声などはこちらをご覧ください。

ファームやまねブログはじめました!

『滋賀のてっぺん!』伊吹山は滋賀県最高峰の標高1,377m。
山頂からは遥か遠く琵琶湖までを見渡せます。

伊吹山 山頂付近写真

古くから霊峰としても知られる伊吹山には、今も豊かな自然が残り、訪れる人に、生命の息吹を感じさせてくれます。伊吹山地の主峰であり、滋賀県の最高峰でもある伊吹山は、どっしりとした存在感をもつ山。
伊吹山の麓に広がるまちは、まるで山の大きさに包まれているかのように、どこかおおらかでふところの深さを感じさせます。私たちがお米を作りあげているまち、この米原市もまた素晴らしい環境なのです。

山頂の花畑が一番輝く夏場を中心に、長い期間登山を楽しめますが、冬には琵琶湖から強い季節風が吹き付け、豪雪地帯になり、純白の美しい山に変わります。

また、伊吹山はハイキング・登山でも有名であり、上野登山口より麓からの登山する人も多く見られます。登山口の近くにはゴンドラも設置されており乗客を運んでくれます。また、夏はパラグライダー冬はスキーを楽しむこともできます。

車・バスにて伊吹山ドライブウェイで9合目頂上駐車場まで行き、そこからの登山することもでき、こちらは最短コースで頂上まで約20分。伊吹山は標高はそれほど高くはないですが、滋賀・岐阜の盆地の中では際立っており、風が強く吹くこと、そして石灰岩の土壌で地表水がほとんどないことから高い木は生えず、山頂には多くの花が咲く草原となり高山植物が大変綺麗です。

昔から薬草の宝庫としても知られ、信長がポルトガルの宣教師の請願でここに薬草園を開き、西洋から薬草を取り寄せ、植えさせたとの言い伝えがあり、麓には薬草風呂もあります。

伊吹山での登山・ハイキング

滋賀県下最高峰の伊吹山は、日本百名山のひとつに数えられています。その歴史は古く、古事記や日本書紀、日本武尊伝承にも登場するほど。古来より薬草や高山植物(約1200種類!)、野鳥、昆虫の宝庫で、頂上付近に広がる花畑は幻想的です。頂上では、琵琶湖、比良山系、濃尾平野、伊勢湾、日本アルプスなどの雄大な大パノラマが見渡せます。


伊吹山ドライブウェイの紹介

伊吹山ドライブウェイは、名神関ヶ原インターチェンジより2キロメートルの国道365号線沿いを起点とし、霊峰伊吹 山に至る全線17キロメートルの本格的ドライブウェイです。 昭和36年4月工事に着手し、4年の歳月を経て昭和40年6月に完成しました。その間名神関ヶ原インターチェンジの開通にあわせて、昭和39年6月12キロメートルの上平寺越駐車場まで一部営業を開始し、 昭和40年7月全線開通しました。道路は快適な運転が出来るよう※「クロソイド曲線」を用いています。

※「クロソイド曲線」ってなに??
道路の直線部から円曲線部に移る場合、カーブの半径が徐々に変わるような曲線を入れると、ドライバーに与える衝撃が防げます。
この曲線は、この衝撃を緩和するということから緩和するということから緩和曲線と呼ばれ、距離に反比例して半径が小さくなるという渦巻き状の曲線のことを意味します。

伊吹山ゴンドラ

草本植物の宝庫でもある「伊吹山」には、全山に約1,200種類の植物が自生しており、四季折々の美しさと輝きを見せてくれます。山の中腹三合目から望む琵琶湖の風景は爽快で季節折々の草花や果実を観賞できます。http://www.ohmitetudo.co.jp/gondola/ibuki/index.html

●伊吹山登山コース

http://ontheroad-net.com/walking/teku/ibuki.html
http://www5e.biglobe.ne.jp/~yamamosa/83ibukiyama.htm

伊吹山で自然を相手にスポーツをエンジョイ!

スキーシーズンでは造雪機でシーズンはじめから積雪安定度が抜群です。全長1442Mの6人乗りの伊吹山ゴンドラで、3合目までわずか5分。琵琶湖をめがけて滑り込むダウンヒールコースでスキー、スノーボードの醍醐味を満喫して頂けます。

●伊吹山スキー場

http://www.ohmitetudo.co.jp/ski/ibuki/

●奥伊吹スキー場

http://www.okuibuki.co.jp/ski.htm

伊吹の薬草

古くから薬草の宝庫として知られている伊吹山。その多くの薬草を利用した薬草風呂はお勧めです。外の風景を見ながらの露天風呂は格別です。

●伊吹の薬草風呂

http://www.ohmitetudo.co.jp/outdoor/onsen/joyibuki.html

●伊吹山の薬草

http://www.e-yakusou.com/yakusou/ibuki.htm